東日本大震災で被災した漁港施設の復旧・復興工事を支援する事業の一環として、今後、被災地域を中心に膨大な量の工事が集中的に発注されることから、被災3県支部からの強い要望に応え、平成24年1月27日より「災害復旧・復興工事支援情報システム」の運用を開始した。

会員企業間で作業船や人材を融通し合うためのマッチングの場として、活用会員各社が保有する作業船や有資格技術者の情報をインターネット上で一元的に管理し、活用するシステム。

全国の会員企業が被災地の工事支援に派遣できる作業船、支援できる技術者のデータをリアルタイムで登録し、そのデータベースを被災県の会員や発注機関が閲覧する。

具体的な条件等のマッチングは当事者同士で行う。

【問合せ先】

全日本漁港建設協会 支援情報システム係

電話:03-6661-1155E-mail: