財団法人漁港漁場漁村技術研究所では、「東北地方太平洋沖地震」に伴う未曾有の大津波によって甚大な被災を受けた漁業地域の復興に対して、現地の声を聞きながら個別の地域の復興計画づくりへの助言等の支援を行うとともに、各地域の実状を十分精査した上で、今後被災漁業地域の復興を図っていく際に考慮されるべき視点や考え方について総合的に検討し、提言することを目的に『漁業地域復興支援プロジェクトチーム』を平成23年5月に設置した。

◎漁業者や住民の「住み続けようとする」意思を最大限尊重した計画を・・・

本プロジェクトチームの座長には、当協会 長野会長があたり、トップダウン的な発想で一律に規定するのではなく、個別の漁業地域の持つ地理的・社会的・漁業条件上の特質やそこに居住する漁業者や住民の「住み続けようとする」意思、あるいはそれらの地域において形成されてきた地域文化やコミュニティについて最大限尊重した計画づくりをボトムアップ的に進めていくことを基本とし、さらに、今回のような津波被害は、決して三陸地方に特異なものではなく、近いうちに発生すると言われている東海、東南海、南海地震によって、人口と資産の集積地である中日本~西日本の太平洋沿岸においても同様の被害が発生する可能性が高いとの認識から、これらの対策にも役立つ提言を目指し、数度にわたる検討会と現地視察を重ね、今般、発災半年経過を契機として平成23年9月15日、下記のとおり『漁業地域の復旧・復興に向けて』と題する提言を取りまとめ、公表した。

  1. 漁業地域の復旧・復興に向けて(全文)(PDF)
  2. 漁業地域の復旧・復興に向けた各委員からの提案(参考)(PDF)
  3. 漁業地域の復旧・復興に向けて(参考資料)(PDF)
漁業地域復興支援プロジェクトチーム委員名簿(敬称略)
区分 氏名 勤務先及び役職名
座長・水産業 長野 章 全日本漁港建設協会 会長、
愛媛大学 南予水産研究センター 客員教授、
公立はこだて未来大学 名誉教授
水産業 山下 東子 明海大学 経済学部 教授
宮田 勉 独立行政法人水産総合研究センター
中央水産研究所 経営経済研究センター 主幹研究員
水産基盤 浅川 典敬 独立行政法人水産総合研究センター
水産工学研究所 水産土木工学部 主幹研究員
津波・防災 藤間 功司 防衛大学校 システム工学群 建設環境工学科 教授
地域づくり 後藤 春彦 早稲田大学 理工学術院 創造理工学部長、
同大学院 研究科長 教授
宮崎 隆昌 日本大学 生産工学部 創生デザイン学科 教授、
同学部 建築工学科 教授
アドバイザー 今村 文彦 東北大学 大学院 工学研究科・工学部
災害制御研究センター 教授
田中 淳 東京大学 大学院
情報学環総合防災情報研究センター長 教授

【問合せ先】

財団法人漁港漁場漁村技術研究所 調査研究部 中村、不動

電話:03-5833-3223FAX:03-5833-3226