長野 章Blog.

2012年10月30日 火曜日|

第63回漁港漁場大会が青森で開催されました。約2000人の参加者があり、東北大震災の関係で2年ぶりの全国の漁港関係者の再開になりました。
少し暗いけれど会場の様子です。

会場にはミニねぶたと青森美女がいましたが、各県の漁港協会の事務の女性たちと写真をとりました。

青森から滋賀県の大津に行きました。大津ではPC建設業協会と一緒に研究した津波避難デッキのポスター展に参加しました。

ポスター展の様子です。

そして、30日は久しぶりに銚子漁港を訪ねて水産物のトレーサビリティの説明をしてきました。

久しぶりの銚子ですが、やはり大きな港です。

2012年10月23日 火曜日|

これまで、岩手県及び宮城県の漁港災害復旧事業においては、各漁港建設会社の努力もあり、何とか事業の推進が果たせて来ました。しかし、技術者の不足、資材の高騰及び労務者等の宿舎の提供などが原因となり不調が10月に入り発生しています。

11月不調件数(11月の開札は不調件数を11月にカウントしています)
そのために全国の会員に支援を要請するよう次の文書を送付しました。

HP記載用1.復旧復興工事への協力のお願い