7月25日に自民党において、水産・地域活性化に係る議員懇話会設立総会がありました。設立総会は衆議院議員9人、参議院議員7名方々及び水産団体の方々16名とゲスト5名が参加して行われました。石波茂先生が会長に選ばれ、会則が承認されたのち、私の「漁業地域の現状と将来方向-農村と比較を踏まえて-」と題した講演と質疑応答が行われました。

内容は、漁業地域の産業連関分析と北海道マリンビジョン21の説明でした。漁業地域においては、水産業と核とした産業連関(経済循環)を強くすると付加価値が大きくなりGDPも雇用効果も大きくなるという内容です。そしてその事例を北海道マリンビジョンの地区マリンビジョンを説明しました。

講演の後質疑応答がありましたが、主に流通の話が多く、直販、アンテナショップとスーパーの関係と漁業地域おける新たな流通を引っ張るマンパワーなどが話されました。
これからも勉強をしなければと言う感じでした。