長野 章Blog.

2011年12月19日 月曜日|

会長就任以来出張が多くて事務所にいる時が少なく皆様にご迷惑をおかけしました。なるべく年末年始は、事務所にいるようにと思っています。挨拶まわりで少し出かけますが、事務所にいるのを基本としています。ところで、12月12日13日と函館産の水産物を在来線と東北新幹線を利用して東京の魚屋さんに輸送、販売する実験を行いました。平成27年度に開業する北海道新幹線で、朝に函館でセリを行った水産物を午前中に東京の魚屋に陳列販売できないかと言う実験です。サイトをのぞいてみてください。写真もアップします。http://hokkaidoshinkansen.blog137.fc2.com/

東京駅からはバイク便で運びました。

世田谷区の「魚辰」に運びました。

店舗に陳列販売しました。非常に好評でした。

それで、年末年始の行動予定をアップします。
最新の日程を見てください。

2011年12月7日 水曜日|


写真は高知県の浦戸湾の入り口です。ここに津波対策で可動式防波堤を建設しようとする計画が進んでいます。
湾内には高知市内が広がり津波高12mと言われる大津波が押し寄せると市内はひとたまりもないと思われます。
市内には標高ゼロメートル地帯が広がっています。

12月5日は引き続き、高知県の海関係の行政機関及び建設業者のかたがたへの津波対策の講演をしました。
翌日の12月6日は静岡県の焼津漁港に行きました。全国の協会員で津波対策の勉強をしている方々40人で、焼津漁港の津波対策と可動式防波堤の実機試験を見学しました。
調査には最初に焼津市長さんも来ていただき挨拶をされました。

焼津漁港の可動式防波堤の浮上状況

焼津漁港は東海地震に対応していろいろな防災施設が整備されてきました。しかし、東日本大震災の叙教から想定津波高さを見直そうとしていますが、これまでの対策を調査しました。
漁港内にある避難デッキ

漁港背後の陸閘